1. TOP
  2. 食事
  3. 2歳児がご飯を食べないときの原因は?イライラしないための正しい対処法

2歳児がご飯を食べないときの原因は?イライラしないための正しい対処法

食事
この記事は約 9 分で読めます。 154 Views

2歳児は今までなんでも食べていたのに、急に食欲にムラが出たり、好き嫌いが激しくなってしまうことがあります。

また、お菓子ばっかり食べてご飯を食べないこともあります。

せっかく作ってせっかくみんなで食べる食事なのに…。とパパ、ママはイライラしてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、2歳児がご飯を食べない時に考えられる原因や、イライラしないための対処法についてご紹介していきますね。

Sponsored Link

2歳児がご飯を食べないときの原因

2歳児は、離乳食も完全に卒業し、幼児食にもだいぶ慣れてきてますね。

食べられる食材も増えてきていて、順調に色々な物を食べるようになったなと思いきや、急に野菜だけを食べなくなったり、ご飯の食べる量が減ったりというようなことがあります。

まずは原因を知らないとイライラ知てしまいやすいので、把握するところから始めましょう。

2歳児がご飯をなかなか食べないとき、いくつかの原因が考えられます。

お腹が減っていない

お腹は減っていないということが原因として挙げられます。

ご飯の前のお菓子の量が多い、おやつを食べてからあまり時間が経っていないというような場合、お腹が減っていないことが原因でご飯を食べることができません。

また、お菓子やおやつではなく、ジュースの飲み過ぎやお茶の飲み過ぎで食べる

ことができないという場合もあります。

食事に以外のことに気が散る

食事以外のことに気が散って、他のことに集中したくなってしまい、ご飯を食べてくれないときもあります。

  • 普段居ない人がいる
  • おもちゃで遊んでいる途中でご飯の時間となった
  • テレビが付いている

などということにより、ご飯以外のものに興味津々になってしまうと、ご飯をモクモクと食べることができなくなってしまいます。

嫌いな食材

嫌いな食材が入っていることで食欲が軽減し、ご飯を食べない状態となってしまうこともあります。

苦手な物を明らかに入っている感じで出すと、やはり食べてくれません。

苦手な食材は切り方や味付けなど工夫する必要がありますね。

食に興味がない

食に興味がないことが原因で、ご飯を食べないこともあります。

ご飯を食べるという時間が楽しい時間だと感じて居なかったりすると、遊んでいる時間のほうが楽しく好きな時間となってしまいます。

子供は好きなことならじっくりと集中し、いつまでも辞めたがりませんが、興味がないことには見向きもしません。

食事の楽しさが分からない、食べることが面倒に感じるなどとうことが原因となり食べないのです。

それなのに、ますます食べないことにイライラして怒ってしまったり、食べるということを強要したりすることで、より苦痛な時間だと感じ、ご飯を食べない状態が加速することもあります。

体調が優れない

体調が優れないことが原因で、ご飯を食べないということもあります。

いつも以上に食べない時、好きなメニューなのに食べないというような時は、体調が悪い原因である可能性が高いですね。

風邪や便秘、口の中の荒れや口内炎が原因で食べないことがあります。

また、睡眠不足で食べないということもありますよ。

2歳児がご飯を食べないときは工夫してみよう!

2歳児がご飯を食べないときは、以下の工夫をしてみてください。

盛り付け方を変える

ご飯の盛り付け方を変えてみましょう。

ご飯を盛るお皿を変えてみるのもよいです。

ちょっとした変化で、子供はご飯に楽しさを感じたり、美味しそうに見えたり、興味が湧き、食べてくれるようになることがあります。

例えば、白米の場合、お椀にただただ盛るのではなく、海苔巻きにしたりおにぎりにしたり、何かの形にしたりすることで食べてくれるというようなことです。

盛り付ける量を減らす

盛り付ける量を変えて見ましょう。

子供は日によって、体調によって、気分によって、食べる量の差もあります

そんな中で、子供はお皿の上の食べ物をきれいに食べ、ピカピカになったお皿をパパ・ママに見せるのが大好きです。

全部食べられたという達成感も子供自らが感じます。

すると次も完食したい!完食しよう!と食べられるようになってきます。

完食の楽しさを知らせるためにも、盛り付ける食事の量を減らし、徐々に増やしていくとよいでしょう。

料理のお手伝い

2歳児くらいになると、お手伝いが大好きになります。

お手伝いすることがとても楽しく、お手伝いさせないほうがグズグズするほど好きになる子は少なくありません。

そこで、料理のお手伝いをさせましょう。

野菜を洗う、野菜を ちぎる、材料を混ぜる、お皿を並べるなどというお手伝いを行うことで、ご飯を食べてくれるようになることもあります。

自分が作ったものは食べてみようと思ったり、より一層美味しく感じるのですよね。

自分の嫌いだと思っていた食材にも興味を持ち食べられるようになることもあります。

野菜を育てるところからやってみるというのも良い手です。

食事に集中出来るようにする

食事に集中できる環境を整えましょう。

子供が落ち着いて食事ができないとき、テレビがついていたり、食卓におもちゃがおいてあったりと他に興味が向いてしまう環境がないか確認しましょう。

もし原因があったら改善しましょう。

また、椅子の高さや座り心地などをかえることで食べてくれるようになることもありますよ。

おやつの時間や量を調節

おやつの時間からあまり時間が経っていない、おやつの量が多いなどという場合、やはりお腹がすかないため、ご飯をしっかりと食べてくれなくなります。

食事の時間をずらすかおやつの時間をずらしたり、おやつの量を減らし、お腹が空いた状態でご飯の時間となるようにしましょう。

活動量を増やす

日中の活動量を増やすようにしましょう。

日中なかなか活動量が少ないと、お腹が空きません。

お散歩、公園で遊ぶなどと体をよく動かすことにより、お腹が空いてご飯をもりもり食べてくれるようになることがあります。

美味しそうに食べて見せる

パパやママが美味しそうにご飯を食べている姿をみると、子供も美味しそうだなと感じ食べてくれるようになることがあります。

また、パパママが美味しそうに楽しく食べている食卓は、子供にとっても落ち着き幸せな空間となり、ご飯を食べることがすきになります。

楽しく美味しく食べている姿を見せるだけで自然の子供が食べてくれるようになるのです。

2歳児になり野菜嫌いに?食べない時の対処法!

2歳児になり、野菜を嫌いになったり、何か特定の食材を食べなくなった場合の対処法についてです。

食材の切り方

まずは食材の切り方を変えてみましょう。

2歳児はまだまだ噛む力が少ないです。

噛む力が弱いため、大人と同じような切り方だと、噛み切れないことがあります。

食べづらいということが、嫌いというイメージになり、野菜や特定のものを食べなくなることもあります。

子供が食べやすい切り方にしましょう。

また、野菜によっては繊維に沿って切ることにより、苦味が出にくくなったりします。

美味しく食べられる切り方などを知り実践してみるとよいですね。

葉野菜の場合

葉野菜の場合、柔らかく、くったりとするくらいまで加熱しましょう。

また、繊維を断つ切り方でカットすることで、食べやすくなりますよ。

根菜類の場合

根菜類の場合は、指で潰せるくらいまで柔らかくなるくらいまで加熱しましょう。

フォークに刺さりやすいようにと、角切りにしてあげることで食べやすくなるのでおすすめです。

肉類の場合

肉類の場合は、細かく刻みましょう。

繊維を断つように切るとより食べやすくなります。

また、薄切り肉やひき肉を使用すると調理もしやすいのでおすすめです。

魚類の場合

切り身の場合は食べやすい大きさに切って調理しましょう。

食べやすくなります。

骨は飲み込んでしまうと、痛みなどでトラウマとなってしまうので、十分に気をつけ与えないようにしましょう。

混ぜ合わせる戦法!

苦手な食べ物、野菜などが食べることができないという場合、そのまま与え無理に食べさせるのは難しいですね。

そこで、好き嫌いを解消するためには、野菜をみじん切りにして、ひき肉などに混ぜ合わせるとよいでしょう。

ハンバーグやミートソースに混ぜ合わせると食べやすいのでおすすめです。

野菜を牛乳とバナナ、その他果物と一緒にミキサーにかけて、スムージーにするのもおすすめですよ。

苦手な食べ物を食べられたら…

苦手な食べ物を食べられた際は、ママとパパはしっかりと褒めて挙げましょう。

褒めてもらうことで、自信がつき、他の苦手な野菜も食べてみようという勇気が湧いてくる源となりますよ。

2歳児がご飯を食べず、パパママがイライラしないための対処法

2歳児がご飯を 食べないことが続き、なかなか食事がスムーズにできないと、パパママもイライラしてしまうことがあるでしょう。

しかし、そのイライラが子供に伝わってしまうと、子供は食事の時間が嫌になり、よりご飯を食べない状態となってしまうこともあります。

イライラせずに楽しい食事が続けられる方法をお送りしていきますね。

栄養のバランス

栄養のバランスを気にしすぎないようにしましょう。

子供の食事の中で、ある一定の物を食べない日々が続き、好きなものだけを食べていると、栄養のバランスが偏ってしまっているのではないかと心配になってしまいます。

すると、パパ、ママはその不安や心配から食べさせようとしますが、それでも食べないとストレスに感じたりイライラしてしまう原因となりますね。

もちろん少しでも食べて栄養を補給するということは大切ですが、野菜から摂取出来る栄養素は他の海藻や果物などからも摂取することができるものも少くありません。

他の物から摂取するのを考えてみるとよいでしょう。

また、2歳児のうちは、食べる楽しさを知ることのほうが大切です。

無理やり栄養素のことを考えて食べさせなくても大丈夫です。

簡単料理

一生懸命時間をかけて作ったご飯を食べてくれないとなると、時間も一生懸命頑張った苦労も全部無駄だった…とイライラにつながってしまいます。

手間をかけてご飯を作るということも大切ですが、簡単に作ることができる料理を活用しましょう。

あらかじめ多めに作って冷凍しておき、あたためればおかずになるという物を作っておくのもよいですね。

おやつを活用

2歳児の子供は、3回の食事だけで十分な栄養素をとるのは難しいものです。

そこでおやつとしておにぎりやサンドイッチ、野菜スティック、フルーツなどで栄養素を補給してあげるとよいです。

まとめ

2歳児の子供は、ご飯を食べてくれなくなることもあります。

野菜を食べなくなってしまったということもあるでしょう。

しかし、まずは2歳児の食事を楽しめるようにすることが一番大切です。

食べないときは、この子は味をしっかりと感じ、好き嫌いな味を感じ判断出来るようになったということですね。

イライラしてしまうこともありますが、ゆっくりと2歳児の食事に向き合って行きたいですね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

子育てスタイルNAVIはママの味方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てスタイルNAVIはママの味方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tomato

tomato

5歳♂4歳♂2歳♀ ママです♪

実際の体験や経験を元に、子育てにまつわる情報を共有しましょう!

子育てに悩みを抱えているママにへ、少しでもお力になれれ良いなと思います(*´`*)

宜しくお願い致します♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 妊娠初期のこたつは危険?!電磁波による影響と対処法!

  • 赤ちゃんにファンデーションは悪影響?!安心して使える優しいファンデの選び方!

  • 妊娠初期は暑がりになる?!妊娠初期の暑がりの原因と正しい対処法!

  • 妊娠中の飲酒はノンアルコールなら大丈夫?!胎児への影響は?

関連記事

  • 塗り絵を楽しもう!子供に良い効果がたくさん!

  • 子供の木のおもちゃのお手入れ方法は?洗える?清潔を保つ方法!

  • 男の子の陰嚢水腫とは!?原因、症状、治療方法!手術することも!?

  • 子育てに疲れてしまった…どうして?解消法は?

  • 保育所に行く朝、子供が大泣き!朝の3分と帰宅後の対応で解消できる!

  • 秋のファミリーキャンプにおすすめ寝袋8選!初めてのキャンプでも子供も安心して眠れる!