1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 赤ちゃんの初めての発熱は突発性発疹かも!?うつる?お風呂は?症状と対処法

赤ちゃんの初めての発熱は突発性発疹かも!?うつる?お風呂は?症状と対処法

 2018/12/26 ライフスタイル
この記事は約 6 分で読めます。 251 Views

生まれてすぐからしばらくの間、風邪を引くこと無くすごしていたのにも関わらず、急に突然40度近い高熱が出ると焦ってしまいますよね。

その高熱は突発性発疹である可能性があります。

赤ちゃんの初めてのお熱が突発性発疹によるものということはとても多いです。

そこで今回は赤ちゃんに起こる突発性発疹について症状や対処法など詳しくご紹介していきますね。

Sponsored Link

突発性発疹とは?

突発性発疹とは、ヒトヘルペスウイルス6型による感染が原因となる病気です。

突発性発疹はヒトヘルペスウイルス6型による発症は一回きりなのですが、ヒトヘルペスウイルス7型による発症が起こることもあり、突発性発疹が2回発症してしまうことがあります。

生後3ヶ月くらいまでは、ママから貰った免疫により赤ちゃんは守られているため、ウイルス性の感染にかかることは防がれています。

ところが、時間が経つとともに免疫が低下してしまうため、生後6ヶ月位には免疫力が著しく下がり感染症にかかりやすくなってしまうのです。

ヒトヘルペスウイルスを保有している家族、感染しているのに無症状の人からの唾液などによる感染で引き起こると考えられています。

赤ちゃん自身の免疫が本格的に機能し、感染から体を守り出すのは1歳を過ぎた頃からとなるので、それまでの間はもっともヒトヘルペスウイルスに感染してしまうことが多くなります。

突発性発疹の症状とは?

突発性発疹の症状は、

  • 39度以上の高熱
  • 解熱後の全身の発疹

が挙げられます。

39度くらいの高熱は2、3日続き、熱が下がってくると、今度はお腹や背中に発疹が現れ始めます。

発疹は多く痒そうに見えますが、実際はさほどかゆみを伴わないことが多く、跡も残らず治るので心配いりません。

跡が残りそう…。と心配になるほどすごいのですが綺麗に治ります。

高熱はあるのに鼻水や咳が起こらないというのも症状の特徴の1つであり、熱があるとは思えないほど元気であることが多いです。

しかし、赤ちゃんによっては不快感があり、機嫌が悪くなってしまうこともあります。

発疹が引くと機嫌も治る傾向にありますね。

一方で、高熱とともに下痢が見られることもあり、逆に熱や発疹という症状が起こらないということもあります。

突発性発疹は高熱によるけいれんに注意!?

突発性発疹による高熱により、赤ちゃんの脳はまだまだ未熟であるため、熱性けいれんが起こってしまうことがあります。

熱性けいれんが起こった場合、数分以内に止まることが多く、命に関わるものではありません。

焦ってしまいそうにりますが、落ち着いて慌てること無く赤ちゃんの様子を見守りましょう。

けいれんが5分以上続いて止まらないというような場合は救急車を呼びましょう。

突発性発疹はうつる!?

突発性発疹はウイルスが原因である病気なので、うつります。

ただし、感染力はとても低い傾向があります。

発熱中は免疫力が低下している場合、うつってしまうため、保育園への当所などは控えたほうがよいですね。

厚生労働省のガイドラインによれば、解熱後1日以上経過した後、全身の症状がよいことが当所してもよい目安となります。

園によっても異なるので、当所可能かどうか確認してみると確実ですね。

突発性発疹への治療法は?

突発性発疹への治療法としては特別な治療はありません。

熱があっても機嫌が良くて母乳やミルクが飲めていれば安静にして様子を見ることとなります。

しかし、高熱でぐったりしているというような時は解熱剤を使用することがあります。

下痢がひどい場合は整腸剤が処方されることもあります。

突発性発疹だと思っていても、実はほかの病気であったということもあるので、40度以上の高熱がでた場合は、特別な治療方法のない突発性発疹の可能性が高くても一度受診し、小児科医に診てもらったほうがよいですね。

突発性発疹への対処法は?

突発性発疹の場合、病院での治療法がほぼない状態なので、自宅でのケア、対処法が大切です。

突発性発疹の時に気をつけるべき対処法としては、水分補給がポイントとなります。

高熱により元気であっても体の水分が奪われてしまいます。

脱水症状に陥らないように、こまめに水分補給を心がけるようにしましょう。

水分補給をしながら熱も下がり発疹が少し残っていても、元気があれば少しの外出程度なら問題ないと言われています。

突発性発疹のときのお風呂は?

突発性発疹の場合は、お風呂に入れるのか入れないのか気になりますね。

発熱を汗をかいてしまいやすいため、お風呂に入れてあげたくなります。

基本的には突発性発疹の感染力は低いため、お風呂に入ることはできます。

一方で、熱が38度以上ある場合、入浴後の体温の変化により体調が悪くなってしまうことが考えられるため、熱があるうちは入浴せず体を拭いてあげたほうが良いでしょう。

熱が下がり発疹だけが残り元気があるという場合は入浴に問題なく、お風呂に入れてあげることができます。

しかし、お風呂に入れると発疹が赤く見えるのでかゆみが強く起こってしまっているのでは!?と不安になりますが、ほとんどかゆみが強くなっているということはなく、嫌がる素振りなどがなければ大丈夫です。

まとめ

小さな赤ちゃん、熱をまだ出したことなどないのに、急に40度近くの高熱が出てしまうと、びっくりしますし、焦ったり、慌ててしまいそうになります。

しかし、機嫌がよく熱だけが高熱であるという場合、焦らず落ち着いて考えましょう。

深夜に慌てて救急病院などに駆け込むことがなくても大丈夫です。

突発性発疹である可能性があるので、翌日まで経過観察し、念の為受診してみましょう。

病院へと行くよりも自宅でゆっくりと安静に水分補給をしながらの経過観察のほうが負担がかかりません。

脱水症状だけはしっかりと気をつけ、安静に過ごしましょう♪

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

子育てスタイルNAVIはママの味方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てスタイルNAVIはママの味方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tomato

tomato

5歳♂4歳♂2歳♀ ママです♪

実際の体験や経験を元に、子育てにまつわる情報を共有しましょう!

子育てに悩みを抱えているママにへ、少しでもお力になれれ良いなと思います(*´`*)

宜しくお願い致します♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 産後は腰が痛い!!ヘルニアの症状、原因、治療法、対処法!

  • 産後のお尻の痛みの原因は?いつまで続くの?!痛みを和らげる対処法!

  • 妊娠初期のこたつは危険?!電磁波による影響と対処法!

  • 赤ちゃんにファンデーションは悪影響?!安心して使える優しいファンデの選び方!

関連記事

  • お昼寝でなかなか寝ない赤ちゃんを寝かしつけるおすすめの方法とコツ!

  • 赤ちゃんの肌を水と脂で守る!お肌のトラブルを防ぐスキンケア対策

  • 子連れで海水浴!楽しいはずの時間が・・・海水浴での注意点と持ち物チェックリスト!

  • 新生児期から一歳までに与えたいおもちゃ20選!

  • 子供の絵を見ると子供の心理状態が分かる?!絵は子供のはけ口?

  • 秋のファミリーキャンプにおすすめ寝袋8選!初めてのキャンプでも子供も安心して眠れる!