1. TOP
  2. 乳児
  3. 子育て中の移住!気をつけたいポイントは?受け入られる支援や注意点!

子育て中の移住!気をつけたいポイントは?受け入られる支援や注意点!

子育て中の移住は、パパとママだけの問題ではありませんね。

移住の際はしっかりと準備をして、子育てをしていく上で気をつけたいポイントなどもあります。

必要な情報、必要な注意点を知っておくことで、子育てしやすい環境、子供が過ごしやすい環境を選択することができます。

そこで今回は子育て中の移住で気をつけたいポイントや受けられる支援、注意点などをご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

移住者への転職支援

子育てをしていく上で移住すると転職も関係してくるでしょう。

子育てしやすく転職もスムーズにできる地に移住する必要がありますね。

移住する上で、仕事が見つかるのか、資金が足りるのかなどが問題となります。

そこで問題を解決するためには、地方自治体への移住に際し、移住者への資金補助などがあると助かります。

地域おこしのために、移住者を増やしたいという地方自治体が多く、市区町村ごとに支援内容が異なります。

移住する地を迷っているときは、転職支援のある地域を優先する事をおすすめします。

移住先での仕事の探し方は?

移住先での仕事の探し方についてです。

移住先でどのような仕事につくか、仕事をしたらよいのか決めかねることは多いです。

多くの移住希望者は仕事が決まってから移住をしたいと思うものです。

移住先での仕事の探し方は2つあります。

今までのスキルを活かすことができる仕事、又はまったく違った職種に挑戦したり企業するという場合です。

いずれにせよ、仕事内容を決めつけてしまうと、チャンスを逃してしまいます。

今までの仕事内容やスキルに囚われすぎずに視野を広げて移住先での仕事を探すようにしたいですね。

仕事探しは移住前にしておこう!

子育て中の場合、移住してから仕事を探そうという考えはリスクがありますね。

移住先の転職を失敗してしまうこともあります。

人間関係や職場での暗黙のルールに対応できずに、仕事を続けることが難しくなってしまう場合もあります。

仕事にやりがいを感じたり、仕事しやすい環境が整っている、生活の基盤となる仕事はしっかりと事前に決めておく必要があります。

移住地が在住している場所よりも田舎の場合は、より仕事が少く見つからない可能性が高いので注意が必要です。

場所を選ばずに仕事ができる内職やウェブデザイナーなどの場合はよいものの、どこかに就職するという場合は、事前にしっかりと探して仕事に就いてから移住するようにしましょう。

移住者への子育て支援

移住者に対し子育て支援が多い地域もあります。

人口が少ない地域だと特に、子育て中の家族の移転を打歓迎してくれる魅力的な支援制度が多い傾向があります。

北海道の標津町の場合だと、幼稚園の使用量や給食費、教材費などがすべて無料です。

二人目や3人目も欲しいと考えている場合は、出産祝い金などの制度がある地域も調べ選ぶ基準にするとよいですね。

地域によっては出産祝い金が最大100万円などというところもあります。

祝い金が支給されるのは出生から何年後という決まりがある場合が多いので、細かい条件も確認しておきたいですね。

値域のホームページなどで確認できたり、実際に役所などに電話してみると確認することができますよ。

移住先で子育てをするときのポイントは?

移住先で子育てをしていくということに不安を感じてしまうこと少なくありません。

子育てをする上で、理想的な子育て環境を求める場合、下調べをしっかりと入念にしておき、こんなはずじゃなかったと後悔しないようにしたいですね。

まずは、幼稚園や保育園です。

移住先では必ずしも待機児童がいないわけではありません。

待機児童の有無や保育園や幼稚園の入所状況等を事前に確認しておく必要がありますね。

また、移住先となる近辺に保育園や幼稚園があるのかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

移住したら働きたいと思っても、保育園や幼稚園に入園することができずに結局自宅で育児をし続け、仕事を始めることができないということもあります。

計画通りに進まずにやきもきしてしまうでしょう。

仕事をする予定があるのなら、十分な事前調べが必要な大切なポイントですね。

将来のために、小学校や中学校の場所も把握しておく事をおすすめします。

学校に通うために徒歩1時間もかかるという場所や、船で海を渡らなければいけないという地域もあります。

環境、利便性を考慮し、移住先を決定する必要がありますね。

病院も下調べを

子育て中は病院が近くにあるということが必要ですね。

移住先が在住している場所よりも田舎の場合はより確認しておくべきです。

気軽にすぐに病院に受診できる地域もありますが、地域によってはお医者さんが在中していない、病院まで車で1時間以上かかるというような場合もあります。

専門家がいないため、内科の医師が骨折などなにもかもを診ているという地域もあります。

子育て中は病気や怪我がつきものです。

万が一の場合を考え、近くに手軽にいける医療が充実している病院がある地域を選択することが大切ですね。

移住者に対する住宅支援

移住者に対し住宅支援が充実している地域もあります。

家賃や家の購入、修繕のための費用は大きいものです。

地域によっては移住者に長く住んでもらうために、20年以上済んだら無償譲渡、定住のための家を購入したら250万円補助されるというような制度がある場合もあります。

住宅補助にも細かい条件があるため、移住先の住宅支援を確認しておくとよいですね。

移住先で家を探すときのポイントは?

子育て中は家で過ごす時間が多いため、自宅は慎重に選びたいものですね。

移住先では古風な家を望む人が多い傾向があります。

しかし、古風な家だと、見た目どおりに築年数が長く、老朽化していることが多いです。

子育て中は心配なくすごしたいですよね。

耐震性の問題もあります。

修繕費があとからかなりかかってしまうこともあるという事を考慮して選ぶ必要がありますね。

まわりの環境によっては、害虫などが都会ではみられないサイズの大きさのものが侵入してくる場合もあるので、確認しておきたいポイントですね。

家や土地がもらえる制度がある場合も…

地域によっては家や土地がもらえる制度がある場合もあります。

宮城県の七ヶ宿町では、土地を借り、新築を立てると、20年以上経った場合、土地が無償提供されるという制度などがあります。

また、パパやママが何歳以上でなければいけないという細かい条件もあるので、確認してみてください。

新築の一軒家が3万円程度で住めるという制度がある地域もあります。

自治体によって制度や条件がことなるため、自治体のホームページや窓口で確認しましょう。

まとめ

子育て中の移住は、子育てを行なう上で困らない地域を慎重に選ぶ必要がありますね。

ゆっくりと落ち着いたところで子育てをしたいという理想があっても、選択を間違えると実際は困ってしまうことが多く、辛くなってしまうということもあります。

移住先を決めるときは、細かいところまでしっかりと確認し比較し、慎重に選ぶことが大切ですね。

一方で地域によっては本当にお得な助かる制度がある場合もあるので、上手に利用しながら、心機一転気持ちよく新生活をスタートさせたいですね。

まずは生活を安定させることを第一優先に考え、焦ることなく移住先を決めるようにしましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

子育てスタイルNAVIは電車の味方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てスタイルNAVIは電車の味方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

子育てスタイルNAVI運営者

子育てスタイルNAVI運営者

子育てスタイルNAVIでは、ストレスフリーの育児生活を提案し、家族全員を電車でHappyにする!をモットーにしています!
妊娠してから子供が大きくなるまでに悩みはつきません。
様々な悩み、ストレスを抱えながら子育てしているママが電車と楽しく育児できるための情報を発信していきます。
情報は随時更新しますので、Twitterのフォロー、Facebookのいいね!をよろしくお願いします。

関連記事

  • 6ヶ月の赤ちゃんってどんな時期?生活リズムとお世話のポイント!

  • どうやって見分ける?赤ちゃんの病気を見逃さない8つのチェックポイント

  • 新生児とペットが一緒に暮らすのは危険?!注意点やメリット!

  • 新生児がうなる!いつからいつまで?原因は?ママができる対処法!

  • 赤ちゃんに扇風機を使うときの注意点と安全対策法!

  • 子供の悪夢障害とは?病院への受診は必要?怖い夢でうなされる原因と対処法!