1. TOP
  2. 妊娠/出産
  3. 妊娠後期はニキビができやすい?!ニキビの原因と美肌を保つための方法!

妊娠後期はニキビができやすい?!ニキビの原因と美肌を保つための方法!

妊娠後期になると、肌トラブルが起こりやすくなる傾向があります。

妊娠初期もホルモンバランスの変化で肌荒れが起こりやすくなり、落ち着いたと思いきや、後期に入り荒れ模様ということが少なくありません。

そこで、妊娠後期にニキビができやすくなってしまう原因と、ニキビができたときの正しい対処法、美肌を保つための方法についご紹介してきます。

Sponsored Link

妊娠後期にニキビができやすくなる原因とは?

では妊娠後期にニキビができやすくなってしまう原因についてです。

食事の変化

まずは食事の変化が挙げられます。

妊娠後期になると、出産が近づけば近づくほどに胃が子宮口の方に下がって来るため、胃が楽になります。

すると、いろいろなものを食べられるようになり食事内容が変化します。

ホルモンバランスにより食事の好みも変化します。

すると今までよりもたくさんのもの食べてしまったり、味の濃いものを好んで食べてしまったりするのです。

するとニキビができやすくなるのですね。

肌がデリケートに

妊娠後期になると、肌がデリケートになりがちです。

ホルモンバランスの変化により、非常に弱くなってしまうのです。

日頃使用していたコスメでも敏感な肌にとっては刺激となり、肌トラブルが起こる原因となってしまうこともあります。

コスメだけではなく、日頃使用していた基礎化粧品ですらニキビや炎症の原因となってしまうことがあるのです。

メイクに使用するスポンジなどのメイク道具の汚れもニキビの原因となってしまうことがあります。

ホルモンバランスが変化!

妊娠後期になると、ホルモンバランスが変化します。

妊娠初期と同じように、ホルモンバランスが大きく変化するため、皮脂の分泌量が増える傾向があります。

皮脂の分泌量が活発になると、毛穴をしっかりと綺麗にしてあげないと、毛穴が詰まってしまいます。

すると複数の細菌が繁殖しやすくなり、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖し、ニキビができやすくなってしまいます。

乾燥

肌の乾燥もニキビの原因となります。

妊娠後期のママの身体は水分不足に陥りやすい傾向があります。

そのため。こまめに水分補給を行なうことができていないと、肌もより乾燥しやすくなります。

乾燥している肌は、毛穴が開いた状態となるので、毛穴に皮脂が詰まりニキビができやすくなってしまうのです。

妊娠後期のニキビは顔以外にも...?

妊娠後期のニキビは顔以外の部位にも出やすくなります。

デコルテ

デコルテや肩のほうにもニキビができてしまうことがあります。

衣類との擦れで悪化してしまったり、炎症がひどくなることで痛みが伴う場合もあります。

背中・お尻

背中やお尻にニキビができてしまうこともあります。

お風呂に入ったときなどに、お腹が大きいことで、十分に洗うことが難しくなり、ニキビができやすくなります。

妊娠後期のニキビを防ぐための方法!

では妊娠後期のニキビを防ぐ方法についてです。

ニキビ予防を徹底し、できるだけニキビを増やさないようにしましょう。

洗顔料

また、余計な成分が入っていないナチュラルな成分の洗顔料に替えましょう。

保存料や界面活性剤、香料などなど、肌に刺激となる成分は避けましょう。

洗顔料を良く泡立ててかあ使用するのも重要なポイントとなります。

しっかりと泡立てたたっぷりの泡で肌を強くこすらないように洗いましょう。

洗い残しも肌荒れの原因となってしまうので十分に洗い流しましょう。

保湿

肌の保湿もしっかりと行いましょう。

肌が乾燥していると毛穴が開きニキビができる原因となりますね。

また、乾燥していると、肌を潤わせようと皮脂

が過剰に分泌してしまい、更にニキビができやすくなってしまいます。

肌を潤わせるために十分に保湿をしましょう。

食事内容

食事内容も見直すとよぃです。

油っぽいものは避けましょう。

お料理だけではなく、生クリームやバターなどが含まれているお菓子にも注意しましょう。

塩分の濃いものも避けましょう。

脂っぽいもの、塩辛いものなどは避け、ヘルシーなものを食べるようにするとよいです。

コスメ

コスメは無添加のものを使用しましょう。

人工的な成分が含まれているものは避けます。

また身体の保湿に使用するクリームも無添加のものを使用しましょう。

睡眠

睡眠は肌トラブルの原因となります。

ストレスの蓄積を避けるためにも、睡眠は十分にとる必要があります。

妊娠後期になると、お腹が大きくなってしまい、熟睡できなくなってしまいがちです。

夜間十分に眠ることができないときは、昼寝を取り入れるのもおすすめです。

眠る時間を増やすことにより、ホルモンバランスが整い、ニキビができにくい肌を作ることができます。

洗濯洗剤、柔軟剤を変える

身体のニキビがひどい場合は、洗濯洗剤や柔軟剤を変えてみるとよいです。

無添加に変えることでニキビができにくくなることが多いです。

寝具の洗濯

妊娠後期は、寝具の洗濯も行い、清潔な状態で眠るようにしましょう。

寝具が汚れてしまっていると、肌への刺激となりニキビの原因となります。

妊娠後期は汗の分泌量が増加するため、皮脂や汗が寝具に染み込んでしまい、汚れとなります。

細菌が増殖し、ニキビの原因となります。

また、寝具だけではなく、パジャマも清潔に保つようにしましょう。

ボディーソープ

ボディーソープを変えて見ましょう。

基本的には無添加のものがよいですね。

また、身体を洗う時は、タオルなどで肌をゴシゴシとこすってしまうと、刺激となります。

できるだけ優しく洗うようにしましょう。

タオル等を使用せず、手で洗うとよいです。

シャンプー

シャンプーの洗い残しにも気をつけましょう。

頭だけではなく、肩や背中にシャンプーが付いてしまっていると、毛穴を塞ぎニキビの原因となってしまいます。

洗い残しがないようにしっかりと気をつけましょう。

便秘の改善

便秘の改善を行なうことも大切です。

便秘の状態だと、体内に老廃物が蓄積されてしまっているため、老廃物から活性化酸素が産まれてしまい、活性化酸素により肌の代謝が低下します。

妊娠後期の肌の状態をキープするために、便秘の改善にしっかりと取り組みましょう。

食生活の見直し、水分を十分にとる、適度な運動、お散歩などを行い、便秘を解消することが大切です。

また、便秘解消にはオリゴ糖も効果的です。

オリゴ糖を食事に取り入れてみましょう。

ニキビがセルフケアでは治らない?!

ではニキビがセルフケアでは治らない場合の対処法についてです。

市販薬は使用しない!

ニキビを治すためにと市販薬を使用してしまいがちですが、独断で市販薬を使用するのはやめましょう。

塗布する薬でも、妊娠後期のデリケートな肌にとっては刺激となり肌トラブルの原因となってしまうことがあります。

清潔にしていても、なかなか治らないと言う場合は、皮膚科に受診するようにしましょう。

病院での適切な対処で治ります。

ニキビを潰すはNG

ニキビができてしまったときにニキビを潰すのはやめましょう。

決して潰さない方がよいです。

潰してしまうと、ニキビ跡として残ってしまいます。

ニキビは潰さずに必要に応じて皮膚科に受診してください。

妊娠後期のニキビは産後に綺麗になる!

妊娠後期はニキビで悩んでしまいます。

しかし、出産すると、嘘のように綺麗になるケースが多いのです。

あまり悩み過ぎてしまうと、余計にニキビが増える原因となってしまいます。

綺麗に治るんだということを忘れずにあまり気にしすぎないことも大切です。

適度なニキビ予防、必要に応じて皮膚科に受診し対応しましょう♪

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

子育てスタイルNAVIは電車の味方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てスタイルNAVIは電車の味方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

子育てスタイルNAVI運営者

子育てスタイルNAVI運営者

子育てスタイルNAVIでは、ストレスフリーの育児生活を提案し、家族全員を電車でHappyにする!をモットーにしています!
妊娠してから子供が大きくなるまでに悩みはつきません。
様々な悩み、ストレスを抱えながら子育てしているママが電車と楽しく育児できるための情報を発信していきます。
情報は随時更新しますので、Twitterのフォロー、Facebookのいいね!をよろしくお願いします。

関連記事

  • 妊娠中の夜勤による赤ちゃんへの悪影響はあるの?!仕事のミスも増える?!

  • 出産は厄落としになるって本当?!厄払いに行かなくても大丈夫?

  • 妊娠中に口の中がすっぱい気がする…。すっぱい原因と解消法!

  • 葉酸サプリ!食前食後どちらに飲んだほうが効果的?!飲み合わせは大丈夫?!

  • 出産間近の過ごし方!妊娠後期にしても良い事と控えるべきこと!

  • 妊婦はマグロを食べてはいけない?!危険なの?摂取量の上限や注意点は?