1. TOP
  2. 美容
  3. 産後に汗が大量!?止まらない汗の原因は?産後期多汗の原因と対処法

産後に汗が大量!?止まらない汗の原因は?産後期多汗の原因と対処法

美容
この記事は約 7 分で読めます。 51 Views

産後、出産を終えてから、汗をたくさんかくようになってしまうことがあります。

今まであまり汗をかくことがなかったママも産後、異常な汗にみまわれることがあります。

そこで今回は産後の汗が大量で、止まらない汗の原因と汗への対処法についてご紹介していきますね。

Sponsored Link

産後の汗は変化する?!

産後は体質が変わりますが、汗も変化します。

金属アレルギーになったり、太りやすい体質になったり、大量の汗をかくようになったりと体質が変化します。

ということは、産後大量の汗をかくと今後ずっと汗をかきやすくなるのかと不安になりますね。

しかし、産後に汗を大量にかくものの、その後ずっと止まらないということは少ないです。

産後の一時的な特有の症状である場合が多く、産褥期多汗と呼ばれるものです。

産褥期多汗とは?

産褥期多汗は、産後のホルモンの変化の影響を受け、大量に汗が出てしまいます。

通常は汗は暑さを感じた時に出ますよね。

しかし、産後期多汗は暑さとは関係なく汗が大量に出ます。

部分的に出る汗が多く、脇、頭、などなど、体中から汗をかくのではなく、部分的に汗をかくという傾向があります。

妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンが産後必要なくなり、分泌量が急激に低下し、汗腺機能が上手く働かなくなり、大量の汗などが起こります。

ほてりやのぼせや寒気などもこの影響により起こっています。

そのため、いつまでの多汗は続くというわけではなく、ホルモンのバランスが整ってくると汗の量も正常に戻ってきます。

産褥期多汗の原因は?

汗は男性ホルモンが活発に働くことで、女性ホルモン制御します。

産後女性ホルモンが急激に減少すると、男性ホルモンが優位にたってしまい、多汗の症状が起こります。

また、男性ホルモンが優位にたつ更年期などにも、多汗やほてりや寒気などの症状が起こりますね。

産後の汗はいつまで続く!?

産後の汗は、生理が元に戻るまでは続くと考えられます。

生理が戻るとホルモンのバランスが整うことで元に戻ります。

生理が戻るまでには個人差があるので、汗がおさまるまでの時間にも個人差があります。

生理が再開し、汗がおさまるまでは、汗への正しい対策を行いましょう。

産後の汗への対処法!

産後の汗は無理に止めることはできません。

そこで産後の汗に対して正しく対処法を行なうことが大切ですね。

快適に過ごせるように正しい対処法で乗り越えましょう。

吸収・速乾性のある下着を!

産後鯛医療に汗が出てしまっているときは、汗をしっかりと吸収し、速乾性のある下着を着るようにすると良いです。

多くの下着メーカーで吸水速乾の下着が販売されているので活用してみましょう。

また、大きめの脇汗パットがついているものや臭防止加工されているものがよいですね。

ブラだけを着けることが多いというママも、産後の汗がひどい場合は、汗対策のためにブラの上から下着を着用しましょう。

汗をかいたらすぐ拭く!

汗をかいたらすぐに拭き取るということも大切な対処法となります。

3つの汗腺というものが存在し、エクリン腺から出る汗は水分とミネラルなので臭いはありません。

しかし、アクポリン腺と皮脂汗腺から出る汗は皮脂やタンパク質が含まれているので、皮膚表面の常在菌により分解され臭いが発生します。

そこで、汗をかいたときは早めに拭き取り臭いを予防しましょう。

汗をかくと、時間が経つにつれ臭いが発生します。

トイレや人目が気にならない場所で汗を拭き取るようにしましょう。

汗ふきシートだと大量の汗は拭ききれないことがおおかったり、産後の敏感な肌への刺激となってしまうことがあります。

大きめのハンドタオル等を数枚持ち歩き拭き取るとよいです。

ハンドタオルも汗を拭いた後に放置していると雑菌が増えてしまうので、使った後時間が経ったタオルは使わないほうがよいです。

拭き方としては、軽く押さえつけるように拭き取りましょう。

強くこするように拭くと肌が傷つき肌荒れの原因となります。

優しく拭きましょう。

こまめな着替え

汗をかいたとき、拭き取るだけではなく、できるだけこまめに着替えるとよいです。

汗を大量にかく中、1日中同じ服で過ごすのはかなり厳しいです。

下着やサッと着ることができる服を多めに購入しこまめに着替えるとよいです。

ウォータープルーフ

汗を大量にかくと、産後お化粧をしてもすぐに落ちてしまいやすくなります。

何度もメイク直ししている時間もありませんよね。

そこで、ウォータープルーフの化粧品を大活躍させましょう。

汗に強いファンデ=ション、アイライン、マスカラ等を使用し、あまり濃くせず薄めのメイクを心がけると化粧崩れを感じにくくおすすめです。

ツボ刺激

ツボを押すと汗が止まるということがあります。

毎日刺激し続けた結果、汗の量が減ったということもあります。

舞妓さんたちも汗を抑えるためにツボを押すことがあるとも言われています。

手にあるツボなので簡単に押すことができますね。

  • こけい

こけいというツボは小指の外側にあるツボです。

小指の側面の付け根にある一番太い線の上にこけいというツボがあります。

親指などで気持ち良いと感じる程度に刺激しましょう。

  • 号谷

号谷というツボは、体の不調に効果的なツボです。

親指と人差し指の付け根にあるツボです。

それぞれの指の骨部分が手のひらの部分で繋がるところがあります。

そこの少し人差し指よりの場所に号谷があります。

気持ちがいいなと感じるくらいの強さで押しましょう。

  • 陰げき

小指の外側、手首の付け根から肘の方向へ、1.5cmほどのところにあるツボです。

鼻血の止血などにも効果的なツボです。

制汗剤やデオドラント剤の使用

制汗剤やデオドラント剤により、汗を留めたり、臭いを予防するという方法がありますね。

しかし、これらを使用すると、赤ちゃんへの影響があるので注意が必要です。

臭いが強いと、赤ちゃんは母乳を飲む時に不快になってしまい、上手く飲むことができなくなってしまうことがあります。

また、赤ちゃんに垂れてしまうこともあるので注意が必要です。

使用する場合は無香料のものや微香タイプの物を使用しましょう。

固形タイプやクリームタイプの物がよいです。

あせも対策

産後に大量の汗をかくと、あせもができてしまうことがあります。

子供のあせもはよく聞きますが、ママもあせもができてしまうことがあります。

あせもは一回できると完治までに時間がかかります。

一番はあせもができないようにしっかりと対策することが大切ですね。

あせも予防のためにも汗を掻いたらすぐに拭き取りましょう。

汗を放置せずに清潔に保ちましょう。

下着をこまめに交換する、1日に数回入浴する、あせもができたら早めに医療機関に受診し、塗り薬を処方してもらいましょう。

かゆいと掻きむしるとジュクジュクとあせもが悪化してしまうので、早めに受診しましょう。

毎日シャンプーを!

毎日シャンプーをしましょう。

汗の臭いや頭皮の荒れを防ぐためにも、しっかりと洗髪し、細菌を増やさないためにもドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。

水分補給

汗を大量にかくと体内の水分は失われてしまいます。

授乳中だとより水分不足になりやすく、そこで更に汗をかくと水分不足に陥ってしまいます。

脱水症状は恐ろしいので、こまめに水分補給を 意識的に行いましょう。

冷たい飲み物は避け、常温の水を飲むようにしましょう。

まとめ

産後の大量の汗は困りますし、いつまで続くのだろうと不安になりますね。

しかし、産褥期多汗の場合はホルモンのバランスが整ってくれば改善します。

ところが精神性多汗というものもあり、産後の育児でストレスを感じ多汗となってしまうことがあります。

また、産褥期多汗を気にしすぎてしまいストレスで精神性多汗になってしまうこともあります。

そのためあまり多汗に対して不安になったり気にせずに、ホルモンバランスが整うまで、対処法をしながらあまり悩まず過ごしましょう。

産後の多汗に悩むママは少なくありませんよ♪

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

子育てスタイルNAVIはママの味方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てスタイルNAVIはママの味方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tomato

tomato

5歳♂4歳♂2歳♀ ママです♪

実際の体験や経験を元に、子育てにまつわる情報を共有しましょう!

子育てに悩みを抱えているママにへ、少しでもお力になれれ良いなと思います(*´`*)

宜しくお願い致します♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 妊娠中に遊園地に行っても大丈夫?!楽しめる乗り物や注意点!

  • 妊娠中は雑菌に要注意?!感染した場合の症状と雑菌排除方法や予防方法

  • 妊娠中はトキソプラズマ症に注意が必要?!危険な場所は砂場?肉?猫?

  • 母乳だけだとビタミンD3が足りなくなりやすい?!ビタミンD3の摂取方法!

関連記事

  • 今の親は子供を叱りすぎている?ほめ方と叱り方のアドバイス9選!

  • 産後ダイエットを成功した芸能人集合!ママタレントから産後ダイエット方法を学ぼう!

  • 妊娠!出産!育児!やばっ、お金が無い!貯金ゼロでも頑張るママたち

  • 産後の腰痛が辛い!動けない!!痛みの原因と対処法!

  • 新米ママ必見!新婚生活を始める際の各種手続きのまとめ

  • 産後・入院中は入浴できない!?シャワーは?入浴する際の注意点!