1. TOP
  2. 妊娠/出産
  3. 通常分娩でも母体には様々な変化が?!母体に起こる変化と対策!

通常分娩でも母体には様々な変化が?!母体に起こる変化と対策!

妊娠/出産
この記事は約 6 分で読めます。 93 Views

通常分娩で出産すると、無事に出産できてよかったと思われがちです。

通常分娩で出産し、母子ともに健康などと報告したり、診断されますね。

そのため母子ともに健康だと、通常1週間程度で退院となります。

しかし通常分娩でも母体には大きな変化が起こり、出産により受けるダメージは想像以上のものです。

そこで今回は通常分娩で起こる母体へと変化や母体に起こる変化と対策について詳しくご紹介していきますね。

Sponsored Link

産後の母体の状態は?

赤ちゃんを出産するということはお母さんにとって大仕事であり大きなダメージをうけます。

自分ではあまり自覚していなくても、身体には大きなダメージを負い、傷ついている状態です。

出産を終えたあとは、ゆっくりと妊娠前の身体の万全な状態へと回復していく必要があります。

そこで産後のダメージをうけた身体には様々な変化が起こり、症状が起こります。

後陣痛

まず代表的な産後の変化、症状として後陣痛が挙げられます。

お腹の中で赤ちゃんと共に子宮が大きく成長しますね。

すると出産を終えたあと、子宮は妊娠前の大きさに戻ろうとします。

しかし、このとき、大きくなった子宮が小さく戻っていく過程で痛みを感じます。

この痛みが後陣痛です。

子宮が完全に収縮するまでには3,4週間かかると言われています。

この間、母体は安静に過ごすことが大切です。

痛みには個人差がありますが、生理痛程度の痛みの場合はまだ軽く、ひどい場合は本陣痛くらいいたい、本陣痛よりも痛い、立つこともままならないくらい痛むというような場合もあります。

子宮の収縮具合が良いと、3日位で痛みが収まります。

子宮の収縮を促し、早く痛みから解放されるため一番よいのは授乳だと言われています。

母乳を授乳することにより、子宮が刺激されるため後陣痛の痛みは強くなりますが、子宮の収縮が促されるため痛みから早く解放されます。

悪露

出産時に排出される悪露や子宮の内容物、血液などが悪露といいます。

生理の血液量よりも大量なので、通常のナプキンでは押さえられません。

産後用のパットや産褥ナプキンを使用する必要があります。

出産後3,4日は悪露が赤く血液のような色をしています。

その後徐々に褐色がかり、最終的に透明色となります。

悪露の色の変化は子宮の収縮経過を知ることができるバロメーターとなります。

悪露が出ている間は、子宮口がしっかりと閉じていない状態です。

そのため感染予防に努める必要があります。

清潔を保つようにしましょう。

悪露が出ている間はパットをこまめに交換し、清潔を保つことが大切です。

交換する歳に消毒綿などで丁寧に拭いてから交換することでより清潔を保つことができるのでおすすめです。

子宮の収縮が落ち着き、後陣痛が収まってくると悪露の量も減ってきます。

ほとんどの場合4~6週間ほど悪露は排出され続けます。

しかし、排出量が減ってくれば産褥ナプキンではなく、通常ナプキンで押さえられるようになってきます。

赤ちゃんと一緒に訪れる一ヶ月健診で、お母さんの悪露の状態と確認、子宮の収縮具合の確認なども行われます。

悪露の量がなかなか減らないなどという異常がある場合は、健診の際医師に相談しましょう。

産後うつ

産後のお母さんに起こる変化は身体だけではなく心にも起こります。

産後うつという状態になり、出産してから一ヶ月ころまでに起こります。

原因はホルモンバランス乱れによるもので、出産を終え落ち着いたものの、すぐにハードな育児が始まり、身体の不調も続き、精神的なバランスもみだれてしまうのですね。

症状は様々ですが、産後うつによって起こる傾向がある症状としては

  • 涙もろくなる
  • イライラする
  • 不安感が大きくなる

などという症状が見られます。

また、産後うつに気づかずに放置していると悪化し、

  • 食欲の衰退
  • 不眠

などという症状に見舞われたり、育児のノイローゼにつながってしまうこともあるので、心の不調を産院や育児相談窓口などに相談することをおすすめします。

乳房の変化

出産後、お母さんの身体では授乳の準備が始まります。

産後の1日から3日ほど、初乳という黄色みがかった母乳が出ます。

初乳は赤ちゃんに必要な栄養価の高い成分や免疫抗体などがたっぷりと含まれています。

産院などでも必ず赤ちゃんに飲ませるようにと指導される事が多いです。

その後は白っぽい母乳に変化します。

授乳をすることにより、子宮が刺激され後陣痛が強くなりますが、子宮の収縮を促すことにより後陣痛が早く収まります。

最初はうまく母乳が出ないこともありますが、根気よく吸わせることで母乳の出がよくなり、母乳育児を続けることができます。

体重の変化

出産すると出ていたお腹も元に戻りだします。

出産直後に減少する体重は5,6キロほどです。

その後徐々に皮下脂肪が減少していき、体重が戻ります。

すぐに戻らないからといって焦らないでくださいね。

産後1,2ヶ月間ほどかけて、徐々に産前の体重に近い状態に落ちていきます。

また、母乳育児を続けていくと栄養素が赤ちゃんの方へも送り届けられるため、自然に体重は減ってきます。

ただし水分不足になりやすいので、水分はこまめにしっかりと摂取しましょう。

骨盤の変化

骨盤の変化も起こります。

妊娠中、分娩時も、赤ちゃんが骨盤の間を通りやすいように骨盤は開きます。

その状態を元も戻さないと、骨盤がずれて歪んでしまいます。

すると腰痛や股関節の痛みや背中の痛みなどが起こりやすくなります。

正常な位置に骨盤を戻すための産後ガードル等を活用する必要がありますね。

骨盤のずれは後に身体の様々な不調を引き起こす原因となったり、体型が崩れてしまう原因となるので注意が必要です。

通常分娩でも産後は安静が大切

通常分娩でも、産後のお母さんの身体には大きなダメージを受けています。

自分自身が思っているよりも大きな負担、ダメージを受け傷ついています。

産後すぐに休む隙もなく、ハードな育児が始まるため、自分のためにゆっくりと過ごしている時間なんてないよとおもいますが、できるだけ安静にゆっくりと過ごすようにしましょう。

赤ちゃんが寝ているときや落ち着いているときは自分も横になるようにしたり、一緒に眠ったりして身体を十分に休めましょう。

母体が産前の状態に戻るまでの期間、産褥期と呼ばれる分娩後約6週間から8週間の期間はゆっくりと安静に過ごす必要があります。

産褥期にしっかりと休まずに無理してしまうと、その後の体調不良の原因となってしまいます。

パートナーや家族の手も上手に借りながら、身体をやすめてあげたいですね。

疲れたとき、辛い時は、遠慮なく周りに声を挙げましょう。

まとめ

通常分娩後、母体には様々な変化が起こります。

異常や不調などは我慢せずに医師や助産師に相談することも大切です。

めまぐるし変化に身体も心も疲れてしまいますが、上手に休息をとりながら、身体を回復させていきましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

子育てスタイルNAVIはママの味方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てスタイルNAVIはママの味方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tomato

tomato

5歳♂4歳♂2歳♀ ママです♪

実際の体験や経験を元に、子育てにまつわる情報を共有しましょう!

子育てに悩みを抱えているママにへ、少しでもお力になれれ良いなと思います(*´`*)

宜しくお願い致します♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 1歳7ヶ月ってどんな時期なの?言葉の発達が心配…食事のポイントとは?!

  • 乳幼児のRSウイルスに注意!症状や感染の原因は?治療法や予防法!

  • 子供の咽頭炎の症状とは?!咽頭炎の原因や種類!対処法や治療法!

  • 夏に感染しやすい子供のヘルパンギーナ!お風呂や食事は?症状や治療法!

関連記事

  • 頑張り屋のママが産後うつになる悪習慣10選

  • 産後にスタイルを戻したい!産後はピラティスで痩せよう!

  • 産後にウエストを取り戻したい!綺麗なウエストラインを取り戻すための方法!

  • 産後は産褥熱が出る!?産後に発熱する原因は?熱が出たときの対処法は…?

  • 産後もお寿司は控えるべき?産後のお寿司による影響と食べる際の注意点

  • マタニティーブルーズとは?産後うつにならないための対処法