1. TOP
  2. 美容
  3. 産後の乳首の黒ずみが気になる…解消できないの?!黒ずみの原因と対処法!

産後の乳首の黒ずみが気になる…解消できないの?!黒ずみの原因と対処法!

美容
この記事は約 8 分で読めます。 76 Views

妊娠中、ホルモンのバランスの変化により、バストのサイズがアップしたり、乳輪や乳首の色が変わるという変化が見られます。

変化があまりないという場合もありますが、黒に近い状態になるほど変化する場合もあります。

そこで今回は、妊娠して乳首が黒くなってしまった場合、ケアをすれば元に戻るのか、ケアの方法などの対処法についてご紹介していきます。

Sponsored Link

妊娠中の乳首の黒ずみはなぜ起こる?!

妊娠中、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が急増します。

するとホルモンが増えることにより、メラニン色素が多くなり、シミができてしまったり、乳首が黒ずんでしまうことがあります。

また、乳首だけではなく、脇や外陰部などにも、もともとメラニン色素が多いため、妊娠すると黒ずみがひどくなることがあります。

メラニン色素により乳首が黒ずんでしまったり、デリケートゾーンが黒ずんでしまうということは、嫌な気持ちになりますが、外部からの刺激から身体を守ってくれているという証拠なのです。

出産後、赤ちゃんに授乳をするとなると赤ちゃんが乳首を吸う強さはイメージよりもかなり強いのです。

そのため、乳首などは本来皮膚が薄く敏感でデリケートな部分であるため、メラニン色素が刺激から守ってくれているのですね。

妊娠中にメラニン色素が活性化すると、メラニン色素が皮膚に色素沈着し、黒ずんでしまうのです。

また、産まれたての赤ちゃんの視力は低く、おっぱいがはっきりと見えないため、おっぱいのある場所、乳首を認識するためにと黒くなるとも言われています。

産後の乳首!黒ずみは治る?!

産後の乳首の黒ずみは、妊娠の継続のためにエストロゲンやプロゲステロンが増加していたものが、産後急激に減少します。

身体はもともとの状態に戻ろうとするのです。

ホルモンバランスの分泌が落ち着くと、内分泌系が戻り、妊娠により黒ずんでしまっていた乳首、デリケートゾーンの色素沈着は、徐々に落ち着いてきます。

しかし、完全にもともとの状態に戻ることなく、妊娠前よりも色素が濃くなった状態で落ち着くことがほとんどです。

妊娠前のようなバストの状態に戻すためには、積極的なケアが必要となります。

黒ずんだ乳首へのケア!

黒ずんだバストへのケアについてです。

色々な面からケアを行なうことにより、バストの状態は徐々に変化します。

新陳代謝をアップさせる

まずは新陳代謝をアップさせるとよいです。

乳首の黒ずみを薄くするためには、肌のターンオーバーを活性化させる必要があります。

肌の新陳代謝をアップさせ、肌のターンオーバーが活性化すると、黒ずみの原因となってしまっている古い角質が徐々に皮膚の表面から剥がれ、新しい細胞に入れ替わり、黒ずみが解消されていきます。

睡眠時間

睡眠時間をしっかりととることも大切です。

肌のターンオーバーを促すためには、質の良い睡眠が大切です。

産後まとまった睡眠をとることができないと、睡眠の質が浅くなってしまい、新陳代謝が悪くなってしまいます。

すると、肌のターンオーバーが正常に起こらなくなってしまいます。

生活リズムを整えるために、赤ちゃんと一緒に睡眠をとるようにする必要がありますね。

女性ホルモンの増加

女性ホルモンの分泌量が減ってくると、徐々に黒ずみは解消されていきます。

メラニン色素を増やさないためには、女性ホルモンの分泌量を抑える必要があります。

大豆製品に含まれているイソフラボンは女性ホルモンの影響を助長してしまうため、大豆製品の過剰摂取は控えたいですね。

活性化酸素

体内の活性化酸素は老化を招く原因となります。

活性化酸素を抑えることができれば、メラニン色素は出ません。

黒ずみを順調に薄くさせるためには、活性化酸素を抑える必要があります。

活性化酸素を抑制するためには、βカロテンを含んでいるかぼちゃや妊娠、トマトを摂取するとよいです。

また、旬の食材を積極的に摂取するとよいです。

食品添加物となる科学物質は、摂取すると、肝臓での分解が必要となってしまいます。

すると、肝臓で分解する歳に、大量の活性化酸素が発生してしまいます。

食品添加物をできるだけ摂取しないということも大切です。

ストレス

ストレスを溜めないということも大切です。

ストレスと黒ずみには大きな関係性があります。

ストレスが溜まってしまうと、交感神経が優位に働くため、身体が緊張状態となります。

すると心拍数が上がり、身体に大きな負担がかかってしまい、活性化酸素が増え、メラニン色素が増えてしまい黒ずみがよりひどくなってしまいます。

メラニン色素が増えると黒ずみは解消されませんので、ストレスを溜めないようにする、リラックスした気持ちで過ごすと言うことが大切ですね。

禁煙

妊娠前に喫煙していたと言う場合、産後喫煙を再開したいということがある場合、黒ずみを解消したいのであれば禁煙を続けることをおすすめします。

喫煙すると、体内では活性化酸素が豊富に生み出されてしまいます。

すると、肌のターンオーバーも遅れ、身体の中にはサビが溜まってしまいますね。

黒ずみ解消のためにはタバコはおすすめできません。

また、赤ちゃんへの受動喫煙による影響もあるので控えたいところですね。

アルコール

アルコールの摂取も、分解するためには肝臓に大きな負担がかかってしまいます。

すると、活性化酸素が多く生み出されてしまうので、アルコールの摂取も極力控えることをおすすめします。

アルコールを摂取すると、母乳にアルコール成分が移行し、赤ちゃんにも悪影響をもたらしてしまうので、十分な注意が必要ですね。

運動

黒ずみを解消するためには、適度な運動も大切です。

家事をこなしたり、育児をこなす中で、運動不足になりにくいものの、ストレッチや歩行を取り入れるとよりよいですね。

汗をかくとよいです。

汗をかくことによりい、代謝がよくなるため、肌のターンオーバーが活性化され、黒ずみの解消となります。

また、外出するときにUV対策を行なうことも大切です。

食事内容

食事内容も意識するとよいです。

良い食事は身体の外見にでます。

黒ずみを解消することができる食事を積極的に摂取するととよいです。

育児に追われることにより、食事のバランスが乱れてしまいやすいため気をつけなければいけませんね。

美白効果のある野菜、ビタミンBやビタミンcを積極的に摂取するとよいです。

ビタミンBの場合は、野菜だけではなく、大豆製品、果物類、かつおやぶりなどの魚類、ナッツ類や卵などからも摂取することができます。

ビタミンcを豊富に含む食材としては、赤ピーマン、ゆず、アセロラ、レモン、キウイフルーツ、イチゴ、モロヘイヤ、ブロッコリーなどが挙げられます。

忙しく、なかなか野菜が豊富な食事ができないという場合は、サプリメントや青汁などで摂取するのもおすすめです。

美白クリーム

美白クリームを活用するのもおすすめです。

黒ずみ専用の美白クリームなどもあり、色素沈着や古く固くなった角質層を美白クリームで保湿することにより、取り除かれ徐々に黒ずみが解消されます。

しかし、直接塗りこんで使用するため、授乳中は控える必要がありますね。

卒乳後から使用するとよいでしょう。

きゅうりパック

きゅうりパックという方法で黒ずみが解消されることもありいます。

輪切りにした状態のきゅうりを直接乳首にしばらくはっておき洗い流すことで、徐々に黒ずみが解消されていきます。

ヨーグルトパック

ヨーグルトパックも黒ずみに効果的です。

ヨーグルトの上澄みのホエイを使用します。

ホエイは乳酸菌発酵液であり、高い保湿力と美白効果があります。

ホエイをコットンなどに染み込ませたものを、乳首に直接貼り、ラップをして5分ほど放置します。

その後、拭き取ったり洗い流すだけです。

早いと1週間ほどで効果を感じることができます。

ブラジャーを変える

ブラジャーを変えるということも大切でえす。

黒ずみは外部刺激を受けると、よりメラニンの分泌が促されてしまい、黒ずみの原因となります。

ブラジャーは天然素材の柔らかいものや、乳首がすれないようなタイプのものを選びましょう。

触らない

黒ずみが気になるからと触ってしまったり、頻繁に美白クリームを塗り続けたりすると、黒ずみがひどくなってしまいます。

できるだけ触らないようにしたり、洗う時やクリームを塗るときも、できるだけ優しい力で行いましょう。

高齢出産の場合、黒ずみが治りにくい?!

高齢出産の場合は、黒ずみが治りにくいと言われています。

肌のターンオーバーが活発だと、産後徐々に肌の色などは元に戻って来ます。

しかし、色々な方法を試しても治らない、自然に戻らないと言う場合があります。

高齢であるということも原因の1つであり、身体のアンチエイジングをすることを第一に考えることが黒ずみ解消のために必要です。

皮膚科で治療すると言う方法も?!

卒乳後に皮膚科で治療して黒ずみを解消するという方法もあります。

トレチノインハイドロキノン療法という方法ですね。

ハイドロキノン配合の薬を肌に直接浸透させるためトレチノインと呼ばれていう薬剤を乳首に塗ります。

妊娠中、授乳中、だと副作用の心配もあるので、授乳後、卒乳後に皮膚科で処方してもらい治療するとよいですね。

しかし、費用は10万円ほどかかってしまいます。

まとめ

妊娠・授乳により、乳首の黒ずみは避けられない問題ですね。

授乳をすると、赤ちゃんの強い吸う力により、黒ずみが増すのも避けられない問題です。

しかし、母乳には、母乳にしかない豊富な栄養素や免疫力の向上に繋がります。

黒ずみは授乳が終わってからでも行なうことができるので、まずは授乳を続けたいところですね。

赤ちゃんとママのコミニュケーションツールともなるので、まずは思いっきり飲ませた後、黒ずみケアを行なうとよいですね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

子育てスタイルNAVIはママの味方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てスタイルNAVIはママの味方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

tomato

tomato

5歳♂4歳♂2歳♀ ママです♪

実際の体験や経験を元に、子育てにまつわる情報を共有しましょう!

子育てに悩みを抱えているママにへ、少しでもお力になれれ良いなと思います(*´`*)

宜しくお願い致します♪

この人が書いた記事  記事一覧

  • 子供の霰粒腫!発見が遅れると危険!予防方法は?手術も?

  • キッズヨガの始める時期は?!インストラクターになるための資格は?

  • 育児休業等取得者申出書を知っておこう!知らないと絶対損する?提出方法は?

  • おりものの状態で排卵日がわかる!においや量や色!卵白のような白いものは大丈夫?!

関連記事

  • 手軽にリラックス!授乳時期のアロマテラピーのやり方

  • 産後に痩せない原因は?食べてないのに太るのはなぜ?!

  • 女の子の育て方のコツとは?どうやって叱ればいいの?男の子より育てやすいって本当なの?

  • まさかの双子妊娠!普通の妊娠とどう違うの?

  • 働くママ必見!妊娠して休職!旦那の扶養に入るメリットと申請方法

  • 妊娠したけどどうしたらいいの!?母子手帳のもらい方とケースの選び方、使い方