1. TOP
  2. 妊娠/出産
  3. 妊娠中・産休中にすべきこと、やっておきたいおすすめの24のこと!

妊娠中・産休中にすべきこと、やっておきたいおすすめの24のこと!

妊娠中・出産中意外と出産前にすべきことがあります。

出産してから行おうとすると大変で、済ませておけばよかったなと思います。

そこで妊娠中、産休中にすべきことをご紹介しますね。

そして出産後はすることができなくなりがちなことを楽しんでおくことができるのもこの時期だけですね。

妊娠中にお腹の赤ちゃんと過ごせる時間にやっておきたいおすすめのこともお送りします。

Sponsored Link

まずは妊娠中・育休中にすべきことを済ませよう!!

まずは妊娠中・育休中にすべきことについてです。

これは必ずしておくべきことなので、まずは済ませてしまいましょう。

ベビーグッズの準備

まずはベビーグッズを準備しましょう。

  • 肌着
  • おむつ類
  • 授乳グッズ
  • ガーゼ

等など様々な赤ちゃんのお世話に必要なグッズはすべてそろえておきましょう。

入院時の準備

いつ入院になっても焦らないように、入院準備を完了させておきましょう。

産院から入院準備物リストなどが渡されると思うので参考にして用意するとよいです。

その入院準備はすぐに持ち出せる場所に置いておくことをおすすめします。

書類記入

産休中、育休中の場合、書類が必要となります。

結構色々あるのでしっかりと出産前に準備しておきましょう。

内祝いの準備を

内祝いの準備をしておくとよいです。

出産祝いを頂いてから1ヶ月以内に返すことがマナーとなります。

出産後1ヶ月は出歩くことができなかったり初めての育児で忙しくなるので準備しておくとよいですね。

ネットで注文すると、自分の家に一度届くということ無く開いてに直接送ってもらうことができるという方法もあるので活用すると楽ですね。

赤ちゃんのためにしておくとよいことは?

妊娠中・産休中、赤ちゃんのためにしておくとよいことについてです。

これから赤ちゃんと過ごす家に向かい入れるための準備ですね。

部屋の用意

部屋の用意をしておきましょう

赤ちゃんが寝る場所を作ったり、部屋のレイアウトを見直し、赤ちゃんが一緒でも過ごしやすい家にしましょう。

また、赤ちゃんのものが増えてくるので、必要のないものは処分したほうがよいので断捨離をしておくとよいですね。

保険を見直す

保険を見直しましょう。

妊娠中に加入できる保険は少ないですが、赤ちゃんが生まれてからどんなプランの保険に加入するかを確認して目星を付けておくとよいですね。

小児科を探す

小児科を探しておくとよいです。

赤ちゃんは大人よりも病気が多いので、いざという時にすぐに通いやすい小児科を知っておくとよいです。

近所の小児科を確認しておくとよいでしょう。

妊娠中・産休中にしておくとよいおすすめのこと

妊娠中・産休中は、出産後は24時間毎日赤ちゃんと過ごす生活がスタートするので一人の時間を作るということはかなり難しいこととなります。

そこで妊娠中・産休中にしばらくはできなくなるであろうことを無理のない範囲でしておくことがおすすめです。

美容院

出産後、美容院に行ける時間もとることが難しくなります。

更に出産後はお風呂を短時間で済ませなければ行けない場面やドライヤーで髪を乾かすことができなかったりしますね。

髪のケアもおろそかになりがちです。

そこで。美容室で扱いやすい髪型やしばらく来ることができなくても困らないようにカットやカラーをしておくことがおすすめです。

長時間座ることが厳しいという時は美容師さんに相談するとよいですね。

友人とのランチ

友人とのランチもおすすめです。

休みが合わなくなってしまったり、友人と過ごすことができる時間は少くなります。

出産前にランチを楽しんでおくとよいですね。

また、生まれる前からママ友に慣れたお友達などがいる場合も、子連れで会えることはありますが、2人でゆっくりできるのは今だけなのでゆっくりお話してみたいなというときはお互いの体調が良い時にランチしてみるとよいでしょう。

資格取得の勉強

資格取得の勉強をするのもよいですね。

赤ちゃんが生まれてからはなかなかできなくなります。

取りたい資格があるという場合、仕事の復帰を考えているという場合など、資格取得のための勉強に時間を使うのもおすすめですね。

ダラダラする

思う存分ダラダラ過ごすのもおすすめです。

出産後は赤ちゃんのお世話があるので一人でダラダラ出来る時間は少なくなります。

また、睡眠不足に陥りやすくもなるので、ゆっくり過ごしておくとよいですね。

買い物

買い物をゆっくりするのもおすすめです。

出産後は自分の欲しいものをゆっくり見たりする時間は限られてしまいます。

無理は禁物ですが、ゆっくりショッピングを楽しむのもおすすめですね。

エコー写真のアルバム作成

エコー写真が溜まって来ていて、そのまま入れっぱなしになってしまっていることが多いですね。

出産前にアルバムを作っておくとよいですね。

運動

適度な運動もおすすめです。

母子ともに順調に妊娠が継続していて、医師の許可が降りている場合、適度に運動することでリラックスすることができます。

マタニティーヨガなどがおすすめですね。

妊娠中・産休中に旦那さんと2人でデートもおすすめ?!

妊娠中や産休中に旦那さんと2人でデートもおすすめです。

2人だけのデートがでいるのは今のうちですからね。

小旅行がおすすめ

医師の許可が降りれば、小旅行が可能となりますね。

いつもより少しだけ遠い場所に訪れ楽しむことができますね。

おしゃれなレストランで食事

赤ちゃんが生まれたら子供連れでは入れない大人向けのおしゃれなレストランは疎遠となります。

旦那さんとデートということでおしゃれなレストランで食事をするのもおすすめですね。

映画

映画も赤ちゃんが生まれてからしばらくは厳しくなるでしょう。

2人でゆっくり鑑賞できるとよいですね。

名付けの会議

名付けの会議を2人でしておく事をおすすめします。

赤ちゃんの名前は生後14日目までに原則決めて届け出を出さなければいけません。

顔をみて決めたいなと思う気持ちもあると思うので、いくつか候補や使いたい漢字の候補などを挙げておくとよいですね。

里帰り中の妊娠・育休中にやっておきたいおすすめ!

里帰り中の場合におすすめのやっておきたいことについてです。

両親とゆっくり過ごす

両親とゆっくり過ごすとよいですね。

美味しいお料理を堪能したり、この機会に自分が生まれたときの話しを聞いたりして過ごすのもよいですね。

実家を満喫しましょう。

実家へのお礼の準備

実家ですが、やはりお世話になった後にお礼をするとよいですね。

お金でもよいですし、品物でもよいです。

旦那さんと話し合い決めておくとよいですね。

地元の友人と

地元の友人とゆっくりと会えるのもこの時期の特別ですね。

産休、育休後にスムーズに復帰するためにしておくべきことは?

産休育休後にスムーズに復帰することが出来るようにしておくべきこともあるのでお送りしますね。

保育所探し

保育所探しをしておきましょう。

待機児童問題がるので、保育所の希望が通りにくい傾向があります。

そこで妊娠中から保活と呼ばれる保育所探しをすることが主流となっています。

病児保育

病児保育も探しておくと良いです。

子供は病気になってしまったものの、仕事を休むことができない時に助かります。

毎日通う保育所とともに病児保育の保育園も探しておきましょう。

ファミリーサポート

ファミリーサポートを登録しておくのも良いです。

自治体が行っているサービスです。

一定時間子供を面倒みてもらうことができるサポートです。

急な仕事、ママの体調が優れないというような時も頼れるのでおすすめです。

まとめ

妊娠中・産休中は自分の好きなように時間を使い満喫しましょう。

しかし、限られた時間だからとはいえ、体と十分に向き合い無理せずに過ごすように気をつけてください。

また、やるべきこと、やっておきたいことにいついてリスト化しておくとよいですね。

できるかできないか不安なことについては医師に相談してから行いましょう。

体調が第一優先ですが、十分に楽しめますように!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

子育てスタイルNAVIは電車の味方の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子育てスタイルNAVIは電車の味方の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

子育てスタイルNAVI運営者

子育てスタイルNAVI運営者

子育てスタイルNAVIでは、ストレスフリーの育児生活を提案し、家族全員を電車でHappyにする!をモットーにしています!
妊娠してから子供が大きくなるまでに悩みはつきません。
様々な悩み、ストレスを抱えながら子育てしているママが電車と楽しく育児できるための情報を発信していきます。
情報は随時更新しますので、Twitterのフォロー、Facebookのいいね!をよろしくお願いします。

関連記事

  • 切迫早産でマグセントの処方?効果や胎児への影響は?副作用も…!?

  • 妊娠中のマニキュアやネイルは大丈夫?!楽しみたいときの注意点!

  • 妊娠後期に転倒してしまった?!転倒時にチェックすべき3つのことと転倒防止方法!

  • 胎児の動いている姿が見られる4Dエコーとは?!いつから?料金は?

  • マタニティーフォトはセルフで撮れる?自宅での撮影方法や夫婦撮影の方法!

  • 妊娠中は脳梗塞になりやすい?!原因や避けるための対処法!